仕上げには慣れと技術が必要

| 未分類 |

自動車の傷は放置していても当然無くなりませんし、ボディーの美しさは様々な要因でどんどん劣化していきます。

 

そうすると購入当時にはあったボディーの艶はますます失われていき、周りの人にも良い印象を与えなくなってしまうので、常に綺麗なボディーの自動車トランペット

ワックス掛けを行うとボディー表面に膜を作ることで艶を出してボディーをより美しくする効果があり、中でも固形ワックスと呼ばれる種類のワックスは非常に強い艶を出して細かい傷ならほぼ完璧に隠すことが出来ることから他のワックスやコーティング剤には無い美しさを出すことができると様々なワックスやコーティング剤がある中でも根強い人気を集めているそうですが、その分デメリットもあるので注意しましょう。

 
固形ワックスのデメリットはその扱いづらさが挙げられます。

 

固形ワックスはその名の通り固形状になっているワックスを延ばして使用するのですが、ワックスが固形である分ムラが出来やすく、ムラ自体も非常に目立つものになりやすいため特別丁寧に作業しないと仕上がりが汚くなってしまいます。

 

更に細かいところにワックス掛けしようとするとワックスが上手く延びずに白くなってしまうので、そういった面にも気を配るようにしましょう。