洗車で傷を防ぐ

| 未分類 |

自動車の傷は意外なほど簡単に付いてしまいますが、だからといって何も出来ないわけではありません。

 

ボディーを保護するためのコーティングに関する技術は古くからあり、現在も様々な種類のコーティング剤が販売されています。

 

中でも古くから使用されている固形ワックスは非常に高い艶出し効果と撥水性を発揮してくれることから今でも根強いファンがいるといいますが、固形ワックスを使用する際傷が付いてしまうという方も少なからずいるそうです。

 

そうした傷つきの原因とは一体何なのでしょうか。

ドラム
今まで固形ワックスを使ってきて傷が付いてしまったという方の中にはワックスの中に何か入っているのではと疑っている方もいるかもしれませんが、ワックスによって傷が付く原因はワックスそのものよりもワックスを塗る前に行うべき洗車を怠った事によって傷が付いている可能性があります。

 

ワックスを塗る際ボディーに砂や金属片が残っているとワックスを塗り広げる際金属片なども一緒に動かしてボディーに傷をつけることが多いので、特に丁寧に塗り広げなければならない固形ワックスを使用する方は前段階の洗車も丁寧に行うようにしてください。

 

そうすれば傷一つつけずに非常に綺麗なボディーを手に入れることが出来るでしょう。