熟練度によって使い分けるアイテム

| 未分類 |

 

ピアノ01車を綺麗にしたり、傷をつけないようにしたりするアイテムとしてはワックスが挙げられますが、ワックスにもいくつかの種類があり、主にその形状に違いがあります。

 

硬いものから液体のワックスまでありますが、特に初心者でも活用しやすい種類としては液体状なのですが、しっかりとワックス掛けを行い、より高い効果を得るという事では固形ワックスがおすすめになります。

 

固形ワックスは文字通り固めのクリームで、スポンジで薄く伸ばして塗布していきます。効果はそれなりに高く、撥水性やツヤが出て、細かい傷が隠れてしまうので、ワックスを塗るだけでもピカピカの車体に見える特徴があるので多くの方に活用されているワックスです。

 
液状のワックスとは異なり、固形のワックスは塗り方を一定にする必要があるので、多少のテクニックやコツが必要になります。

 

液状であればスプレーで吹きかける様に利用するので簡単になります。

 

比較的固形ワックスは効果が高い事でも知られていますが、なにせコツが必要で、塗るのに面倒を被るのが難点です。

 

あまりワックス掛けに慣れていない方だと非常に時間がかかってしまう事も珍しくありません。

 

もしワックス掛けに時間がかかるのが嫌であれば、得意な人に依頼するか液状を利用するのが良いでしょう。